【Unity有料アセット】ユニティちゃんに乗馬させる【Horse Animset Pro (Riding System)】


Unity2019.2.2f1
Windows10

乗馬アセット/トップ

Horse Animset Pro (Riding System)

このアセットは人を馬に乗り降りさせることができるアセットです。
カーボーイ風のキャラクターとリアル系、ローポリ系の馬、そして馬車のオブジェクトが入っています。
ただしUnity2019では馬のたてがみのメッシュが大きく崩れるので注意です。
ARPGとシミュレーター系、どちらを作ろうか悩んでいるのですが、どちらにしても馬に騎乗できた方が楽しいだろうなと思いこのアセットを購入しました。

■サンプルシーン

サンプルシーンはこちらにあります。

Project > Assets > Malvers Animations > Horse AnimSet Pro > 1 – Demos

この動画はそのひとつで、他にFPC画面やNavMeshAgent、Fキー押すと馬を呼べるシーンもあります。

■ライダーを別のキャラクターにする

この1週間毎日いじっていてようやく別のキャラクターにすることができたのでその方法を紹介します。
使ったシーンはFキーで馬を呼べる機能がある「8 – HAP Call Horse」です。

まずHierarchyのRiderを右クリックしてUnpack Prefabを選びPrefabを解除します。

乗馬アセット/Unpack Prefab

それからRiderの中のカーボーイのメッシュのアーマチュアを削除して代わりのメッシュとアーマチュアを入れますが、今回はユニティちゃんを入れました。
念のためにユニティちゃんのAnimatorは外しておいた方が良いでしょう。

乗馬アセット/Rider

これで別キャラクターでの騎乗ができるようになったはずです。

騎乗位置は馬オブジェクトの中のMountPointをいじってください。
ユニティちゃんだと小さいのでぴったりはまりませんが。

馬とRiderを新たにPrefab化し、別のシーンで動かすこともできました。
「8 – HAP Call Horse」を元にした馬の場合、地面をNavigationウィンドウでBakeしないといけません。
しかし一度騎乗しないと馬を呼べないのが謎でまだまだ使いこなすには程遠いようです。

■まとめ

複雑な仕組みなので把握しきれずまだまだ使いこなせていません。
スクリプトやInspectorを見てもちんぷんかんぷんですし、このような見たことのないアイコンのファイルもたくさん入っています。

乗馬アセット/謎のアイコン1 乗馬アセット/謎のアイコン2

マニュアルやYouTube動画、Unityフォーラムでサポートされているけれど、当然すべて英語ですしアップデートを繰り返したせいでしょう、画像と実際の機能に差があります。

しかしこのように別の動物にも騎乗させられるようなので、モンスターとかにPlayerに乗せられるようにしたら面白いので頑張ってできるようにしたいです。
その時はまたこのブログで紹介します

Horse Animset Pro (Riding System)の購入はこちらからどうぞ!

では今回はここまで。
お疲れさまでした。

ユニティちゃんライセンス

この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています

スポンサーリンク

目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください