【Unity有料アセット】DOTween Proを使ってみた


Back To School バンドルセール

期間:9月9日から9月23日まで
対象:教育関係/学生ユーザー限定


◆◆◆◆


Unity2019.1.0f2
Windows10

DOTween Pro/トップ

DOTween Pro

多くの人がおすすめするアセット「DOTween Pro」を購入してみました。
Tween系で一番おすすめなのだそうですが、Tweenとは始点と終点を決めてその間を補間する機能です。
例えば始点から終点までを3秒きっかりで移動する、ということを簡単に実装できます。
他には数値や色などを様々な補間の仕方で変えられる非常に応用が利くアセットです。

公式サイト

使い方は公式サイト(英語)に全て乗っているので、印象に残ったところだけ紹介します。

■DO Tween Pathコンポーネント

まず驚いたのはスクリプトを書かなくてもDO Tween Pathコンポーネントだけですごいことができることです。

DOTween Pro/Pathコンポーネント

ShiftとCtrlを押しながらSceneビューをクリックしただけで経路ができます。

DOTween Pro/Pathコンポーネント/経路作り

そして再生すればそのコンポーネントがつけられたオブジェクトが経路上を移動します。

DOTween Pro/Pathコンポーネント/再生

DOTween Pro/Pathコンポーネント/基礎

基本的な設定の説明をすると、Durationは始点から終点までの時間を決められます。

Delayは発動を遅らせる時間、Easeは動き方です。
Linearは一定のスピードで動くのですが、他は最初は遅いけど後は速く、逆に最初速くて終わり方はゆっくりになるもの、ユニークなものでは行ったり来たりするものまであります。
Loopsは繰り返す回数で、-1にするとずっと繰り返します。
IDは特定のものに操作するためのタグのようなものです。
Update TypeはLateやFixedがあるので呼び出すタイミングでしょう。

Path TypeはLinearとCatmull Romがあり、Linearは経路間は直線状であり、Catmull Romだと滑らかな曲線になります。

DOTween Pro/Pathコンポーネント/Catmull Rom

Close Pathはチェックを入れると経路の視点と終点がつながりリング状になります。

DOTween Pro/Pathコンポーネント/Close Path

LocalMovementにチェックを入れると親オブジェクトの位置の影響を受けます。
PathModeは分かりませんでした・・・
Lock RotationはXYZWのどれかの軸で回転を固定できます。
Orientation LookAheadはどこを向くかを決められます。

こんな三次元のぐちゃぐちゃな経路でも簡単に動かせるのだからすごいなと思いました。

DOTween Pro/Pathコンポーネント/再生/ぐちゃぐちゃ

他にDO Tween Animationコンポーネントがあるのですが、使おうとするとエラーが出てしまうのが残念です。
一体何がNullなのだろう?

DOTween Pro/Animationコンポーネント/エラー

■DOTweenでUIを動かしたい

UIの画面の出し入れ その1 横スライド

私がDOTweenでまずやりたいことはUIの操作なのでまずこんなものを作ってみました。

DOTween Pro/横スライド

UIのPanelが決まった位置に決まった秒数で移動します。
なお、CanvasのCanvas ScalerコンポーネントのUI Scale ModeをScale With Screen Sizeにしておくと画面を大きくしてもUIは崩れません。

UIの画面の出し入れ その2 Scale0

次はスライドではなく小さくして消す方法です。

DOTween Pro/Scale0

色変えたり透明にしたり

UIのImageの色と透明度を変えます。

DOTween Pro/色・透明度変更

あとテキストを一文字ずつ出すのもやりたかったのですが、それにはTextMesh Proが必要だそうです。
無料なのですぐ入れてみたらエラーがたくさん出てできませんでした・・・
残念です。

まだまだDOTweenはできることが色々あるのですが、これから様々なことに試して覚えていこうと思います。
では今回はここまで。
お疲れさまでした。

DOTween Proの購入はこちらをクリックしてください。

スポンサーリンク

目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください