【Unity有料アセット】Flower fairy Desを操作する



2020年からPro、Plusが値上がりします!
変更は今年中に!

Proに替える
Plusに替える


◆◆◆◆


Unity2019.1.0f2
Windows10

Flower fairy Des/トップ

Flower fairy Des

今回紹介するのは「Flower fairy Des」という妖精のオブジェクトです。
全7色でそれぞれ3つの容量のオブジェクトが入っています。

Flower fairy Des/全色

アニメーションは以下の9種類です。

Agree  うなずく
Cheer  回転して飛び上がる
Disagree 首を横に振る
Fly  羽をはばたかせる
Fly ext  着地する
Fly int  飛び上がる
Fly loop  ずっと羽をはばたかせる
Idel 1  待機状態
Idel 2  待機状態

AgreeとDisagreeは羽をはばたかせていません。

Flower fairy Des/Agree Flower fairy Des/Disagree

しかし、AnimatorControllerを使えばFly loopと合成し、羽をはばたかせたままそのアニメーションを出すことができます。
まずAnimatorControllerでLayerを2つ作り、

Flower fairy Des/AnimatorController/Layers

Base LayerにはFly loopを、Head LayerにはAgreeを入れます。
そしてHead Layerの歯車マークをクリックし、BlendingをAdditiveにし、Weightを1にしてください。

Flower fairy Des/AnimatorController/Blending/Additive/ Weight

BlendingのAdditiveはアニメーションを合成しますが、Overrideは塗りつぶすのでAgreeだけが出ます。

そして実行するとこうなります。

Flower fairy Des/Agree/Fly loop Flower fairy Des/Disagree/Fly loop

ちゃんと2つのアニメーションが同時に出ました。

次はマップ上で動かしてみました。

Flower fairy Des/マップ移動/Terrain

WSキーで前後移動、マウスで妖精とカメラの向きを変えます。
そしてShiftでダッシュ、EQキーで上下移動します。

スクリプトはこちら。

PlayerControllerは操作する妖精に。
CameraControllerは空のオブジェクトに入れてください。
そして妖精にPlayerタグをセットしてください。

このオブジェクトは飛行アニメーションはあれど歩行や左右飛行移動、表情のものはないのであまりメインでがっつり使うものではないでしょう。
安いので気楽に雰囲気づくりの背景やモブキャラとして使うと良いように思いました。

Flower fairy Desを購入する

スポンサーリンク

目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください