【魔女の帽子問題】BlenderでウェイトをつけたらUnityでマテリアルの色が出なくなった問題【解決】


Blender2.79b
Unity2018.1.5f1
Windows10

魔女の帽子問題/トップ

すっかり日本に定着したアイルランド発祥でアメリカの子供に人気のイベント、ハロウィン。
それでブログにアクセス集めようと私もハロウィンネタの準備を始めました。

■以前作ったキャラクターを魔女にする

その中のひとつで「Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG」の子を魔女に改造することにします。
Blenderでスカートを伸ばしオブジェクトを分割、そして魔女の帽子をささっと作って出来上がりです。
それをUnityに移しUTS2(ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0)で色をつけました。

魔女の帽子問題/完成図

■ウェイトをつけると・・・

まーまー魔女っぽくなったかなと思い、次にアニメーションをつけたのですが、なんと帽子だけ動きません。
しまった、ウェイトをつけていなかったとBlenderに戻り、今度こそとUnityで動かすと今回はちゃんと動いたものの帽子に色が付きません。

魔女の帽子問題/ウェイトつけたらマテリアルで色つかなくなった

おかしいなと色々試したり見たりした結果、ちゃんと色がついたものとコンポーネントが違います。

色がついた方:Mesh Filter、Mesh Renderer

色がついていない方:Skinned Mesh Renderer

これが原因かと入れ替えてみると色はつくのですがアニメーションはしません。
どうやらアニメーションをするオブジェクトにSkinned Mesh Rendererは必要なようです。

Unityマニュアル スキンメッシュレンダラー

■唯一色がついていた部分がヒントに

さてこれは困った、どうしたものかと思ったのですが、そう言えば帽子の内側、とんがりの部分の中だけ色がついていたな、ということは・・・
と、閃いてBlenderで帽子のメッシュを全て裏返しにして解決
無事帽子に色がつきアニメーションしました。
うーん、Blender上では元々メッシュは裏返っていなかったのであまり気持ち良くない解決法だなともやもや。

追記(10月27日)
1日経ったらメッシュ裏返さなくても良くなっていました。
わざわざ裏返したものはマテリアルの色が出なくなっており、この件は単なる一時的なバグだったようです。
昨日は再起動して確かめていたのに・・・

■他のバージョンは?

さて他のバージョンはどうかと試してみました。
2017.4.1f1だと色はつくけど頭が透けています。

魔女の帽子問題/Unity2017.4.1f1の場合

2019.2.2f1も色はつくけど頭透ける感じ。

魔女の帽子問題/Unity2019.2.2f1の場合

2018の症状が一番解決のヒントを得られやすくてラッキーだったかなと思いました。

■関連記事

「Blender標準テクニック」でアニメ美少女作成に挑戦!その成果を発表します

スポンサーリンク

目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください