フリーゲーム「一人称で生成迷路脱出」を公開しました


Unity2018.1.5f1
Windows10

一人称で生成迷路脱出/スタート画面

一人称で生成迷路脱出/迷路内

一人称で生成迷路脱出/迷路全体図

一人称で生成迷路脱出

本日、unityroom様でフリーゲーム「一人称で生成迷路脱出」を公開させてもらいました。
生成された迷路の中をゴール目指して進むだけのシンプルなゲームです。
クロームなどのブラウザでプレイできるので良かったらやってみてください。

そして反省点。

・マウスはゲーム画面上でしか利かないのがやりづらかったです。
制作中のUnity上ではUnity外でも反応していたのに・・・

・WebGLは今回初めて利用しましたが、公式サイトにJavaScriptしか対応していないと書かれておりびびっていましたが普通に動いてほっとしました。

・使わせてもらったのはこの曲です。
Course Select
素晴らしい曲で楽しくゲームできるようになりました。

・unityroom様からブログ記事のリンクを張れるそうなので後でこの記事をセットします。
このブログのアクセスがどう変化するか楽しみです。

久しぶりにゲームを公開できたので充実した気分です。
次はより規模の大きなゲームを作る予定なので楽しみにしていただければ幸いです。
それでは今回はこれで失礼します。

■関連記事

【UnityC#講座】迷路の自動生成システムを作る

【UnityC#講座】迷路の自動生成システムを改善した【配列、Switch文、List】

【UnityC#講座】ボタン押す時間でジャンプの距離変わるようにした

スポンサーリンク

目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください