【UnityC#講座】Sceneを操作する基礎



【Unityアセットストア公式】初購入特別キャンペーン

期間:日本時間 10月31日 17:00時まで
対象:アセットストアで初購入のユーザー限定
詳細:Unityアセットストアで初めてアセットを購入いただく方限定、アセット全品20%OFF


◆◆◆◆


今回はScene操作の基礎を紹介しましょう。

■シーンギズモと5つの操作ボタン

Unity/シーンギズモ

Sceneの右上にあるこれはシーンギズモと言います。
3方向にX、Y、Zと書かれていますが、それぞれX軸、Y軸、Z軸に対応しており、クリックするとその方向から眺めることができます。
X軸は横、Y軸は縦、Z軸は奥行きを表します。
さらに右クリックで出る項目からも操作できます。

Unity/シーンギズモ操作

次は左上にある5つの操作ボタンです。

Unity/Sceneのボタン

画像の5つのボタンの名称は左から

・ハンドツール
・Translate(移動)
・Rotate(回転)
・Scale(拡大・縮小)
・???

となります。

まずはCubeをSceneに出しましょう。

Unity/Cubeオブジェクトを入れる

Hierarchyの下のCreateをクリックして以下の通りにCubeを見つけてください。

Create > 3D Object > Cube

CubeをクリックするとHierarchyに名前が追加され、Sceneに立方体が置かれます。

■ハンドツール

Unity/Sceneのハンドツール

別の角度から見たり近づいたり離れたりができます。
左クリックで見る位置を変えます。
Alt+左クリックで見る位置を回転します。
Alt+右クリックでズームします。

ハンドツールを選ばなくてもマウスのホイールで操作でき、ホイールをドラッグして角度を変え、回転させて遠近を操作することもできます。

■Translate(移動)

Unity/SceneのTranslate(移動)

オブジェクトから出ている矢印をドラッグして対応する方向に動かします。
真ん中の立方体をドラッグするとどの方向にも動かせます。

スポンサーリンク

■Rotate(回転)

Unity/SceneのRotate(回転

オブジェクトの回転をさせます。

■Scale(拡大・縮小)

Unity/SceneのScale(拡大・縮小)

オブジェクトを拡大・縮小します。
真ん中の立方体をドラッグすると全体の拡大・縮小ができます。

■UIや2Dオブジェクトの拡大・縮小

Unity/Scene謎のボタン、拡大・縮小?

右端のボタンは公式マニュアルでも説明がないボタンですが、UIや2Dオブジェクトなど平坦なものを気軽に拡大・縮小させてくれます。

Unity/InspectorのTransform

ちなみに上記の操作はInspectorTransformからも操作できます。
入力欄の左側のテキストの部分にカーソルを合わせるとドラッグで数字を操作できます。

より詳しい操作、ショートカットなどを知りたい方は公式サイトのマニュアルページを見て下さい。

シーンビューの操作
ゲームオブジェクトの配置
シーンビューコントロールバー

■関連記事

【UnityC#講座】基礎知識と各部位の名称

【UnityC#講座】Sceneビューのショートカットやお役立ち機能

【UnityC#講座】Skyboxを変更する方法【スクリプト】

【UnityC#講座】AnimatorControllerの使い方

【Unity講座】ゲームの素材を別のプロジェクトに移す方法【Custom Package】

スポンサーリンク

目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください