【UnityC#講座】Sceneビューのショートカットやお役立ち機能



アセットストアで「平成最後応援セール」開催中!
日本時間2月11日9時から22日まで

アセットストア
Asia Pacific Pack

クーポンコード「LNY10PERCENT」ですべてのアセットが10%オフになります。
クーポンコード「LNY30PERCENT」でIconとAsia Pacific Packが30%オフになります。

◆◆◆◆


Unity2018.1.5f1
Windows10

【UnityC#講座】Sceneビューのショートカットやお役立ち機能

TerrainやProBuilderをいじっているとSceneビューを思うように扱えなくてイライラしたので改めて学び直しました。
ほとんど公式マニュアルに目を通せば事足りることなのですが、すべて読むのは大変なので大事な部分だけ簡潔に紹介することにします。

■ショートカットキー

ツールボタン

まずは画面左上のハンドツールや移動などのツールボタン6つです。

Scene/ツールボタン

Q ハンドツール
W 移動
E 回転
R 拡大/縮小
T Rect Tool
Y Transform

Center/Pivot、Local/Global

次はCenter/Pivot、Local/Globalの切り替え。

Scene/Pivot,Center/Local,Global

Z Center/Pivot
X Local/Global

Centerは親子関係のオブジェクトの中心で、Pivotはオブジェクトの中心で移動や回転をします。

Center

Scene/Center

Pivot

Scene/Pivot

Localはそのオブジェクトの持つ座標で、Globalはマップの持つ座標を基準にします。

Local

Scene/Local

Global

Scene/Global

矢印の向きでオそのブジェクトとマップ、どちらを基準にしているのかわかると思います。

その他

F 選択したオブジェクトを中央にする

Scene/Fでオブジェクトを中央に

Hierarchyでオブジェクトの名前をダブルクリックしてでもできるので、オブジェクトが多すぎて名前が分からない時に便利でしょうか。

他にメジャーなのはこのようなものでしょうか。

Ctrl+Z 取り消す
Ctrl+Y やり直す
Shift+Delete 削除

(MacではCtrlではなくCMD)

他にもショートカットは色々あるので興味がある方はこちらをご覧ください。

Unity のショートカットキー

ショートカットキーの変更

ショートカットキーはこちらから変更できます。

Edit > Preferences > Keys

Scene/ショートカットキー変更

■Sceneを操作する

カメラを操作、回転、ズーム

Scene/ハンドツール

ハンドツールはドラッグでカメラを操作します。

Scene/ハンドツール/カメラ操作

Altを押したままクリック&ドラッグで回転します。

Scene/ハンドツール/回転

Alt(MacではControl)を押したまま右クリック&ドラッグでズームします。

Scene/ハンドツール/ズーム

フライスルーモード

一人称視点でScene内を移動することができます。

右マウスボタンをクリックしたままで、
WASDで前左後右移動
EQで上下移動
Shift押したままでスピードアップ

Scene/WASDQE移動

■スナップでオブジェクトを配置する

スナップとは他のオブジェクトのある部分に自動的に合わせる機能のことです。

表面スナップ

移動ツールかTransformツールでオブジェクトの矢印の中心の四角をドラッグしながらShift+Ctrl(MacではCMD)を押すとゲームオブジェクトのコライダーとの交点へ素早くスナップする・・・
と公式マニュアルにありますが、どうも他のオブジェクト重ねやすくなるということのようです。

Scene/表面スナップ

このようにXY軸が別々のCubeをさっと重ね合わせることができます。

スポンサーリンク

頂点スナップ

こちらはオブジェクトの頂点を他のオブジェクトの表面に合わせます。
Vキーを押しながらドラッグするか、Shift+V押してからドラッグします。
家具の配置などに便利な機能です。

Scene/頂点スナップ

高さがまったく違うCubeをPlaneの表面に置きました。
どの頂点を選べばいいのかがが少しわかりにくいですね。

移動量をスナップする

Ctrl(MacはCMD)を押しながら移動すると0.1m単位で、回転すると15度単位でできます。

Scene/単位をスナップ

これは移動/拡大・縮小量/回転量を変更することもできます。

Edit >Snap Settings

Scene/Snap Settings

■シーンギズモ

シーンギズモとはSceneの画面右上にある立方体と円錐でできた形のものでクリックするとカメラが見る方向を変えられます。

Scene/シーンギズモ

XYZの円錐をクリックすると見る方向を変えられますが、右クリックで出るメニューからでも変えられます。

Scene/シーンギズモ/右クリック

立方体部分をShift+クリックするか右クリックメニューのFreeをクリックすると最初の斜め上から見下ろした形に戻れます。
立方体部分か右クリックメニューのPerspectiveをクリックすると3Dと2D画面を切り替えられます。

Scene/シーンギズモ/3D Scene/シーンギズモ/2D

文字の部分をクリックすると奥行きをオフにできます。

Scene/シーンギズモ/奥行きオンオフ

シーンギズモの右上の錠前をクリックするとシーンギズモを固定することができます。

Scene/シーンギズモ/錠前/固定

■ギズモ

Gizmos

ギズモとはシーン内のオブジェクトを分かりやすくする補助線のようなものです。

Scene/ギズモ/カメラ・ライト・罫線

この画像にあるカメラとライトの線や床の罫線、そして見慣れたCubeとPlaneを選択した時に周りに出るオレンジの線などがギズモです。
Sceneビュー上部のGizmosをクリックすると出るメニューから消したり大きくしたりなどができます。

Scene/ギズモ/Gizmosを右クリック

床の罫線はShow Gridをオフにするとこのように消えます。

Scene/ギズモ/罫線を消した

オブジェクトにアイコンをつける

Scene/オブジェクトにアイコン

このようにオブジェクトに名前をつけることができます。
それはInspectorの三色の立方体マークをクリックすることでどの色にするか選べます。

Scene/Inspector左上の立方体

Scene/Select Icon

Gameビューにギズモを出す

Scene/GameビューのGizmos

Gameビューの右上にあるGizmosをクリックすると・・・

Scene/Gameビューにアイコン・ギズモ

Gameビューにアイコンが表示されました。
罫線などはこれでも表示されないようです。

■ギズモをスクリプトで出す

ギズモはスクリプトで出すこともできます。

Scene/スクリプト/ギズモの立方体

これはCubeを包む赤い立方体を出してみました。

Scene/スクリプト/ギズモの赤い線

次は斜めに赤い線を出してみました。

これらはほとんど公式サイトの通りにやっただけです。

スクリプトリファレンス Gizmos

他にも球体を出したりオブジェクト同士を線でつないだりできるようです。

それでは今回は終わりにします。
お疲れ様でした。

■関連記事

【UnityC#講座】基礎知識と各部位の名称

【UnityC#講座】Sceneを操作する基礎

【UnityC#講座】Skyboxを変更する方法【スクリプト】

【UnityC#講座】AnimatorControllerの使い方

【Unity講座】ゲームの素材を別のプロジェクトに移す方法【Custom Package】

スポンサーリンク

目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください